読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

米盛裕二「パースの記号学」(8/27)

f:id:ambos:20160827161012j:plain

書名 パースの記号学
著者名 米盛裕二/著
出版社 東京 勁草書房
出版年月 1981.5
価格 2100円
ページ数 238,4p
大きさ 20cm
ISBN 4-326-15124-2
件名 記号論理学
NDC9 116.3
NDC8 116.3

 

【読後評】★★★★☆

パースの記号論についての詳細な説明。ヘーゲル弁証法に依拠した説明は、パース自身が行っているものだが、わかりやすい。

類似記号の例と指標記号の例を引用しておく。☆一つ分の欠如は、プラグマティズムとの関係がごく駆け足に終わるところ。

f:id:ambos:20160827161335j:plain

f:id:ambos:20160827161402j:plain