読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャック・デリダ「カフカ論-「掟の門前」をめぐって-」(9/1)

 

 

f:id:ambos:20160902075721j:plain

書名 カフカ論-「掟の門前」をめぐって-
著者名 ジャック・デリダ/著 三浦信孝/訳
出版社 東京 朝日出版社
出版年月 1986.5
価格 1500円
ページ数 100p
大きさ 20cm
シリーズ名 ポストモダン叢書 13
ISBN 4-255-86015-7
件名 掟の門前 Kafka,Franz

 

【読後評】★★★☆☆

デリダの日本講演の原稿。カフカ論としては少しわかりにくい。リオタール特集の『どのように判断するか』(国文社)に収録された「先入見--法の前に」のほうがまとまっているだろう。これはこの日本講演の原稿を改稿したものである。

ただ「呼びかけ」についての訳者のメモが興味深いので引用しておく。

f:id:ambos:20160902084104j:plain