読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スラヴォイ・ジジェク著作リスト

スラヴォイ・ジジェク - Wikipedia

著書

単著

  • The Sublime Object of Ideology, (Verso, 1989).
    鈴木晶訳『イデオロギーの崇高な対象』(河出書房新社, 2000年)
  • Looking Awry: An introduction to Jacques Lacan through popular culture, (MIT Press, 1991).
    鈴木晶訳『斜めから見る──大衆文化を通してラカン理論へ』(青土社, 1995年)
  • For They Know not What They Do: Enjoyment as a Political Factor, (Verso, 1991).
    鈴木一策訳『為すところを知らざればなり』(みすず書房, 1996年)
  • Enjoy Your Symptom!: Jacques Lacan in Hollywood and Out, (Routledge, 1992).
    鈴木晶訳『汝の症候を楽しめ──ハリウッドVSラカン』(筑摩書房, 2001年)
  • Tarrying with the Negative: Kant, Hegel, and the Critique of Ideology, (Duke University Press, 1993).
    酒井隆史田崎英明訳『否定的なもののもとへの滞留──カント、ヘーゲルイデオロギー批判』(太田出版, 1998年/筑摩書房ちくま学芸文庫], 2006年)
  • The Metastases of Enjoyment: Six Essays on Woman and Causality, (Verso, 1994).
    松浦俊輔小野木明恵訳『快楽の転移』(青土社, 1996年)
  • The Indivisible Remainder: An Essay on Schelling and Related Matters, (Verso, 1996).
    松浦俊輔訳『仮想化しきれない残余』(青土社, 1997年)
  • The Plague of Fantasies, (Verso, 1997).
    松浦俊輔訳『幻想の感染』(青土社, 1999年)
  • The Spectre is Still Roaming Around: An Introduction to the 150th Anniversary Edition of The Communist Manifesto, (Arkzin, 1998).
    長原豊訳『いまだ妖怪は徘徊している!』(情況出版, 2000年)
  • The Ticklish Subject: the Absent Centre of Political Ontology, (Verso, 1999).
    鈴木俊弘・増田久美子訳『厄介なる主体――政治的存在論の空虚な中心(1・2)』(青土社, 2005年-2007年)
  • The Fragile Absolute: or, Why the Christian Legacy is Worth Fighting For, (Verso, 2000).
    中山徹訳『脆弱なる絶対──キリスト教の遺産と資本主義の超克』(青土社, 2001年)
  • Did Someone Say Totalitarianism?: Four Interventions in the (Mis)use of a Notion, (Verso, 2001).
    中山徹清水知子訳『全体主義――観念の(誤)使用について』(青土社, 2002年)
  • On Belief, (Routledge, 2001).
    松浦俊輔訳『信じるということ』(産業図書, 2003年)
  • Welcome to the Desert of the Real: Five Essays on September 11 and Related Dates, (Verso, 2002).
    長原豊訳『「テロル」と戦争──〈現実界〉の砂漠へようこそ』(青土社, 2003年)
  • The Puppet and the Dwarf: the Perverse Core of Christianity, (MIT Press, 2003).
    中山徹訳『操り人形と小人──キリスト教の倒錯的な核』(青土社, 2004年)
  • Organs without Bodies: On Dleuze, (Routledge, 2004).
    長原豊訳『身体なき器官』(河出書房新社, 2004年)
  • Iraq : the Borrowed Kettle, (Verso, 2004).
    松本潤一郎白井聡比嘉徹徳訳『イラク──ユートピアへの葬送』(河出書房新社, 2004年)
  • The Metastases of Enjoyment: Six Essays on Women and Causality, (Verso, 2005).
  • How to Read Lacan, (Granta Books, 2006).
    鈴木晶訳『ラカンはこう読め!』(紀伊国屋書店, 2008年)
  • The Parallax View, (MIT Press, 2006).
    山本耕一訳『パララックス・ヴュー』(作品社, 2010年)
  • In Defense of Lost Causes, (Verso, 2008).
    中山徹・鈴木英明訳『大義を忘れるな』(青土社, 2010年)
  • Violence: Six Sideways Reflections, (Picador, 2008).
    中山徹訳『暴力-6つの斜めからの省察』(青土社, 2010年)
  • First as Tragedy, then as Farce, (Verso, 2009).
    栗原百代訳『ポストモダン共産主義──はじめは悲劇として、二度めは笑劇として』(筑摩書房[ちくま新書], 2010年)
  • The Year of Dreaming Dangerously, (Verso, 2012).
    『2011危うく夢見た一年』航思社, 2013年)

共著

編著

  • Tout ce que vous avez toujours voulu savoir sur Lacan sans jamais oser le demander à Hitchcock, (Navarin, 1988).
    露崎俊和ほか訳『ヒッチコックによるラカン――映画的欲望の経済』(リブロポート, 1994年)
  • Everything You Always Wanted to Know about Lacan: (But Were Afraid to Ask Hitchcock), (Verso, 1992).
    鈴木晶内田樹訳『ヒッチコック×ジジェク』(河出書房新社, 2005年)
  • Mapping Ideology, (Verso, 1994).
  • Cogito and the Unconscious, (Duke University Press, 1998).
  • Revolution at the Gates: A Selection of Writings from February to October 1917, (Verso, 2002).
    長原豊訳『迫り来る革命――レーニンを繰り返す』(岩波書店, 2005年)
  • Jacques Lacan: Critical Evaluations in Cultural Theory, (Routledge, 2003).
  • Lacan: the Silent Partners, (Verso, 2006).

共編著

  • Gaze and Voice as Love Objects, co-edited with Renata Salecl, (Duke University Press, 1996).
  • Perversion and the Social Relation, co-edited with Molly Anne Rothenberg and Dennis Foster, (Duke University Press, 2003).

 

スラヴォイ・ジジェクの著作一覧 - Wikipedia

スラヴォイ・ジジェク著作一覧

 

哲学者・文化理論家のスラヴォイ・ジジェクは多作で知られており、多くの言語で著作がある。

 

 
 

 

単行本

英語

スロベニア

スペイン語

共著・編著

映像

"The Pervert's Guide to..." Official Website

出演作品

 

1 イデオロギーの崇高な対象 / スラヴォイ・ジジェク 河出書房新社 2000.12
        
2 イラク / スラヴォイ・ジジェク 河出書房新社 2004.5
        
3 オペラは二度死ぬ / スラヴォイ・ジジェク 青土社 2003.6
        
4 共産主義の理念 / コスタス・ドゥズィーナス 水声社 2012.6
        
5 幻想の感染 / スラヴォイ・ジジェク 青土社 1999.12
        
6 終焉の時代に生きる / スラヴォイ・ジジェク 国文社 2012.12
        
7 身体なき器官 / スラヴォイ・ジジェク 河出書房新社 2004.9
        
8 ジジェク、革命を語る / スラヴォイ・ジジェク 青土社 2014.4
        
9 ジジェク自身によるジジェク / スラヴォイ・ジジェク 河出書房新社 2005.2
        
10 人権と国家 / スラヴォイ・ジジェク 集英社 2006.11
        
11 迫り来る革命 / スラヴォイ・ジジェク 岩波書店 2005.5
        
12 大義を忘れるな / スラヴォイ・ジジェク 青土社 2010.3
        
13 「テロル」と戦争 / スラヴォイ・ジジェク 青土社 2003.4
        
14 2011危うく夢見た一年 / スラヴォイ・ジジェク 航思社 2013.5
        
15 パララックス・ヴュー / スラヴォイ・ジジェク 作品社 2010.2
        
16 暴力 / スラヴォイ・ジジェク 青土社 2010.11
        
17 ポストモダンの共産主義 / スラヴォイ・ジジェク 筑摩書房 2010.7
        
18 民主主義は、いま? / ジョルジョ・アガンベン 以文社 2011.2
        
19 厄介なる主体 1 / スラヴォイ・ジジェク 青土社 2005.9
        
20 厄介なる主体 2 / スラヴォイ・ジジェク 青土社 2007.4

 

 

1 図書資料 イデオロギーの崇高な対象 スラヴォイ・ジジェク/著 鈴木晶/訳 河出書房新社 2000
2 図書資料 イラク-ユートピアへの葬送- スラヴォイ・ジジェク/〔著〕 松本潤一郎/訳 白井聡/訳 比嘉徹徳/訳 河出書房新社 2004
3 図書資料 快楽の転移 スラヴォイ・ジジェク/著 松浦俊輔/訳 小野木明恵/訳 青土社 1996
4 図書資料 来たるべきデリダ-連続講演「追悼デリダ」の記録- アラン・バディウ/著 スラヴォイ・ジジェク/著 ジャック・ランシエール/著 エテ 明石書店 2007
5 図書資料 幻想の感染 スラヴォイ・ジジェク/著 松浦俊輔/訳 青土社 1999
6 図書資料 ジジェク自身によるジジェク スラヴォイ・ジジェク/著 グリン・デイリー/著 清水知子/訳 河出書房新社 2005
7 図書資料 人権と国家-世界の本質をめぐる考察-(集英社新書 0367) スラヴォイ・ジジェク/著 岡崎玲子/訳・インタビュー 集英社 2006
8 図書資料 信じるということ(Thinking in action) スラヴォイ・ジジェク/著 松浦俊輔/訳 産業図書 2003
9 図書資料 シンポジウム 3(批評空間叢書 16) 柄谷行人/編著 太田出版 1998
10 図書資料 大義を忘れるな-革命・テロ・反資本主義- スラヴォイ・ジジェク/著 中山徹/訳 鈴木英明/訳 青土社 2010
11 図書資料 為すところを知らざればなり スラヴォイ・ジジェク/〔著〕 鈴木一策/訳 みすず書房 1996
12 図書資料 汝の症候を楽しめ-ハリウッドVSラカン- スラヴォイ・ジジェク/著 鈴木晶/訳 筑摩書房 2001
13 図書資料 2011-危うく夢見た一年- スラヴォイ・ジジェク/著 長原豊/訳 航思社 2013
14 図書資料 パララックス・ヴュー スラヴォイ・ジジェク/著 山本耕一/訳 作品社 2010
15 図書資料 ポストモダンの共産主義-はじめは悲劇として、二度めは笑劇として-(ちくま新書 8 スラヴォイ・ジジェク/著 栗原百代/訳 筑摩書房 2010
16 図書資料 ミシェル・フーコーの世紀 蓮実重彦/編 渡辺守章/編 筑摩書房 1993
17 図書資料 民主主義は、いま?-不可能な問いへの8つの思想的介入- ジョルジョ・アガンベン/著 アラン・バディウ/著 ダニエル・ベンサイード/著 ウ 以文社 2011
18 図書資料 もっとも崇高なヒステリー者-ラカンと読むヘーゲル- スラヴォイ・ジジェク/〔著〕 鈴木國文/訳 古橋忠晃/訳 菅原誠一/訳 みすず書房 2016
19 図書資料 厄介なる主体-政治的存在論の空虚な中心-1 スラヴォイ・ジジェク/著 鈴木俊弘/訳 増田久美子/訳 青土社 2005
20 図書資料 ラカンはこう読め! スラヴォイ・ジジェク/著 鈴木晶/訳 紀伊國屋書店 2008
21 文庫本 「歴史の終わり」を超えて(中公文庫) 浅田彰/著 中央公論新社 1999
22 図書資料 「歴史の終わり」と世紀末の世界 浅田彰/著 小学館 1994
23 図書資料 ワーグナー論 アラン・バディウ/著 スラヴォイ・ジジェク/附論 長原豊/訳 青土社 2012
24 図書資料 私たちは“99%”だ-ドキュメントウォール街を占拠せよ- 『オキュパイ!ガゼット』編集部/編 肥田美佐子/訳 岩波書店 2012