読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

市橋秀夫「心の地図〈上〉」(9/13)

f:id:ambos:20160913113457j:plain

心の地図〈上〉―こころの障害を理解する

 

  • 価格 ¥2,052(本体¥1,900)
  • 星和書店(1997/09発売)

内容説明

登山家が地図をもって山を探索するように、精神科医は「精神病理学」という“心の地図”をもっ て心の探険をします。本書は、心を病む方やその家族の方、医師以外の精神医療の専門家、一般の方にも理解しやすく、役立つように作った“心の地図”です。 心の病を理解するためのやさしい精神病理学入門。

目次

児童期の心の地図(児童精神医学とは何?;子供に起こる心の障害;心因性障害;学校の適応上の問題;病気?それともなんでもないの?―子供に多い障害;児童精神医学のQ&A―こんな時にはどうするか)
青年期の心の地図(人格障害―パーソナリティ障害;摂食障害;多重人格―交代性人格)

 

【読後評】★★★☆☆

著者である精神科医市橋秀夫が、患者の心的な障害のメカニズムを語るものではなく、障害をもつ家族に、その対処法を教えることを中心にする書物。上巻は青年期までの障害を中心とする。