読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『木村敏著作集 2』(9/23)

f:id:ambos:20160924160904j:plain

書名 木村敏著作集 2
著者名 木村敏/著
出版社 東京 弘文堂
出版年月 2001.5
価格 6500円
ページ数 442p
大きさ 22cm
各巻書名 時間と他者/アンテ・フェストゥム
ISBN 4-335-61022-X
件名 精神医学 統合失調症 精神病理学
NDC9 493.7
NDC8 493.7
内容 『自己・あいだ・時間』まえがき 分裂病の時間論 時間と自己・差異と同一性 思春期病理における自己と身体 1-3 存在論的差異と精神病 1-4 内 因性精神病の人間学的理解 時間と自己 『分裂病と他者』序 あいだと時間の病理としての分裂病 他者の主体性の問題 自己と他者 離人症における他者  自己の病理と「絶対の他」 1-6 現象学精神病理学と“主体の死”
抄録 分裂病者の自己と他者の間をアンテ・フェストゥム(未来先取り性・先走り性)という時間システムとして捉え、鋭く分析した木村独自の時間論を展開。

 

【寸評】★★★★☆

木村の自選の著作集の二巻目。アンテ・フェストゥムとは「祭りの前」くらいの意味で、分裂病を意味する。この二巻目は『自己・あいだ・時間』と『分裂病と他者』が収録されている。

この時期には第一巻の自己論から、時間論への移行が顕著である。