読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

内田樹『映画の構造分析-ハリウッド映画で学べる現代思想-』(9/28)

f:id:ambos:20160928114834j:plain

書名 映画の構造分析-ハリウッド映画で学べる現代思想
著者名 内田樹/著
出版社 東京 晶文社
出版年月 2003.6
価格 1600円
ページ数 246p
大きさ 20cm
ISBN 4-7949-6575-3
件名 映画-アメリカ合衆国
NDC9 778.253
NDC8 778.253
注記 表紙の書名:Analyse structurale du cin〓ma
抄録 「エイリアン」が反映するフェミニズム的メッセージとは? 「大脱走」の裏に隠された「父殺し」のドラマとは? ハリウッド映画の物語分析を通じて、現代思想のエッセンスを伝える知的エンターテイメント。
著者紹介 内田樹〉1950年東京生まれ。東京都立大学大学院博士課程中退。現在、神戸女学院大学文学部教授。著書に「寝ながら学べる構造主義」「レヴィナスと愛の現象学」など。

 

 

【寸評】★★★★☆

映画分析で「現代思想のエッセンスを伝える」という目的はそれほど実現されていないが、「知的エンターテイメント」であることは間違いない。論旨は実にもっともであり、楽しくべージが繰られる。ジジェクほどひねっていないところが少し物足りないが、退屈なときにはとくにお勧め。アメリカのミソジニーについての分析も卓見。