読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デュルケム『宗教生活の原初形態』(9/28)

f:id:ambos:20160928115458j:plain

書名 宗教生活の原初形態 下 改訳
著者名 デュルケム/著 古野清人/訳
出版社 東京 岩波書店
出版年月 1975.12
価格 400円
ページ数 380p
大きさ 15cm
シリーズ名 岩波文庫
原書名 Les formes 〓l〓mentaires de la vie religieuse
ISBN 4-00-342142-6
件名 宗教社会学
NDC9 161.3
NDC8 161.3

 

目次

■上巻

序論 探求の対象(宗教社会学と認識理論)
第1編 前提問題(宗教現象と宗教との定義;原初的宗教の主要概念;原初的宗教としてのトーテミズム)
第2編 原初的信念(固有のトーテム的信念;これらの信念の諸起源)

■下巻

第2編(霊魂観念;精霊と神との観念)
第3編 主要な儀礼的態度(消極的礼拝とその諸機能、禁欲的諸儀礼;積極的礼拝;贖罪的儀礼と聖観念の曖昧)

結論

 

 

【寸評】★★★★★

宗教社会学の古典。宗教がいかに社会生活に根差し、社会的な関係を作りだすかを、トーテミズムを手掛かりに力説する。何度よんでも面白い。

 

興味深い論考のリンクをつけておく

 

 

アボリジニ社会から構造主義へ

1912 年出版の『宗教生活の原初形態』は、E・デュルケム晩年の大著であり、宗教社会 学の古典. とされてきた。その副題は、日本語版の出版に際して翻訳されることはなかっ たが、『―オーストラ. リアのトーテム体系―』であり1、1903 年の「分類の若干の未開 .