読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハインツ・コフート『自己の修復』(9/30)

f:id:ambos:20160930194506j:plain

書名 自己の修復
著者名 ハインツ・コフート/〔著〕 本城秀次/監訳 笠原嘉/監訳 本城美恵/共訳 山内正美/共訳
出版社 東京 みすず書房
出版年月 1995.10
価格 6500円
ページ数 15,252,30p
大きさ 22cm
原書名 The restoration of the self
ISBN 4-622-04102-2
件名 心理療法 精神分析
NDC9 146.8
NDC8 146.8
注記 文献:巻末p17~30
抄録 精神の治癒とは何か、精神分析の本質とは何か。衰弱し、砕け散った「自己」に凝集の喜びを取り戻す道を語る、自己心理学の研究の名著。古典的理論を乗り越え、コフートが生涯を捧げたその思索がついにその全貌をあらわす。
著者紹介 〈ハインツ・コフート〉1913年ウィーン生まれ。ウィーン大学医学部卒業後、シカゴ大学で精神学を学ぶかたわら教育分析を受ける。自己心理学を確立。著書に「自己の分析」「自己の治癒」など。81年没

 

 

【寸評】★★★★★

コフート三部作の二作目。この書物から自己愛ではなく自己心理学の概念を展開する。フロイト批判も明確になってくる。具体的でわかりやすい。味読の価値ある一冊。