読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

和田秀樹『〈自己愛〉の構造-「他者」を失った若者たち』(9/30)

f:id:ambos:20160930194854j:plain

書名 〈自己愛〉の構造-「他者」を失った若者たち-
著者名 和田秀樹/著
出版社 東京 講談社
出版年月 1999.10
価格 1800円
ページ数 286p
大きさ 19cm
シリーズ名 講談社選書メチエ 167
ISBN 4-06-258167-1
件名 精神分析 ナルシシズム Kohut,Heinz
NDC9 146.1
NDC8 146.1
注記 文献:p264~276
抄録 心が生涯求め続ける究極の存在とは? 「他者」なき現代人を襲う病理とは? 他者との関係性の中で「自己」の構造を捉え直し、フロイト精神分析を塗りかえたコフートの理論を元に読み解く現代日本の病理。
著者紹介 和田秀樹〉1960年大阪府生まれ。東京大学医学部卒業。医学博士。精神科医。現在、川崎市幸病院精神科顧問、中央大学大学院講師。著書に「わがまま老後のすすめ」「親の自信が子供を救う!」など。

 

 

【寸評】★★★☆☆

叢書の性格もあってか、キャッチーなタイトルをつけているが、基本的にコフート自己心理学の解説書である。写真がコフートから次第にフロイトに変わっていくのが巧みだ。あまり現代日本の病理はでてこないので、そのつもりで。なお著者の写真を最初のうちは見ないことをお勧めする(笑)。