読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新宮一成『無意識の組曲-精神分析的夢幻論-』(10/1)

f:id:ambos:20161002152807j:plain

 

書名 無意識の組曲精神分析的夢幻論-
著者名 新宮一成/著
出版社 東京 岩波書店
出版年月 1997.11
価格 2200円
ページ数 297p
大きさ 20cm
ISBN 4-00-002222-9
件名 精神分析 無意識 芸術心理学
NDC9 146.1
NDC8 146.1
抄録 夢や幻を精神分析すると、そこに無意識の世界が浮上してくる。この無意識こそ文化を解読する重要な鍵となる。ゴダールシューマンデルヴォー宮沢賢治などの世界作品を逍遥し、無意識が奏でる組曲に耳を傾ける。
著者紹介 新宮一成〉1950年生まれ。京都大学大学院人間・環境学研究科助教授。精神医学専攻。日本を代表する精神分析家。著書に「夢と構造」「ラカン精神分析」がある。

 

【寸評】★★★☆☆

精神分析の理論を手掛かりに、音楽や絵画作品を分析する。精神分析の理論の効用を感じさせる書物。ただしシューマンの分析は成功しているとは言えないかも。