読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

竹中均『精神分析と自閉症-フロイトからヴィトゲンシュタインへ-』(10/6)

f:id:ambos:20161006162216j:plain

書名 精神分析自閉症フロイトからヴィトゲンシュタインへ-
著者名 竹中均/著
出版社 東京 講談社
出版年月 2012.9
価格 1800円
ページ数 324p
大きさ 19cm
シリーズ名 講談社選書メチエ 534
ISBN 9784062585378
件名 精神分析 自閉症
NDC9 146.1
NDC8 146.1
注記 文献:p313~322
抄録 永らく精神分析の「躓きの石」であった自閉症。両者の不幸な出会いを、フロイト思想の原点「心理学草案」に戻ることによって解消し、さらにはヴィトゲンシュタインの思考を媒介に、新たな自閉症理論を構築する。
著者紹介 〈竹中均〉1958年生まれ。大阪大学大学院人間科学研究科社会学専攻博士後期課程満期退学。早稲田大学文学学術院教授。専攻は比較社会学理論社会学。著書に「精神分析社会学」など。

 

【寸評】★★★☆☆

前半のフロイトの考察は、思いつきが先走って、説得力がない。ただし後半の自閉症についての論考は面白い。ラノベの考察とか。