読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レオ・ベルサーニ『フロイト的身体-精神分析と美学-』(10/16)

f:id:ambos:20161016152442j:plain

書名 フロイト的身体-精神分析と美学-
著者名 レオ・ベルサーニ/著 長原豊/訳
出版社 東京 青土社
出版年月 1999.10
価格 2400円
ページ数 189p
大きさ 20cm
原書名 Th〓orie et violence
ISBN 4-7917-5752-1
件名 性 Freud,Sigmund
NDC9 146.13
NDC8 146.1
抄録 フロイトのテクストに潜むほころびを読み解き、セクシュアリテの起源にマゾヒズムを見いだして、欲望理論の制度化を美学的に解体する。セクシュアリテの存在様式を解体=解放する、セクシュアル・スタディーズの基本書。
著者紹介 レオ・ベルサーニ〉1931年ニューヨーク生まれ。ハーヴァード大学卒業。比較文学博士号取得。カリフォルニア大学バークリー校フランス文学教授。著書に「ホモセクシュアルとは」など。

 

内容(「BOOK」データベースより)

セクシュアリテの解体=解放。フロイトのテクストに潜むほころびを読み解き、セクシュアリテの起源にマゾヒズムを見いだして、欲望理論の制度化を美学的に解体する。セクシュアル・スタディーズの基本書、待望の邦訳。

 

【寸評】★★★★☆

フロイトのテクストからフロイトが抑圧した部分を読みとろうとする野心的な試み。フロイトの理論について、マゾヒズム一元論的な読み方もできるという見本。刺激的で面白い。

 

著書

  • Marcel Proust: The Fictions of Life and of Art (Oxford Univ. Press, 1965)
  • Balzac to Beckett (Oxford Univ. Press, 1970)
  • A Future for Astyanax (Little, Brown, 1976)
  • Baudelaire and Freud (Univ. California Press, 1977)
    山県直子訳『ボードレールフロイト法政大学出版局、1984年
  • The Death of Stéphane Mallarmé (Cambridge Univ. Press, 1982)
  • The Forms of Violence (with Ulysses Dutoit, Schocken Books, N.Y., 1985)
  • The Freudian Body: Psychoanalysis and Art (Columbia University Press, 1986)
    長原豊訳『フロイト的身体――精神分析と美学』青土社、1999年
  • The Culture of Redemption (Harvard Univ. Press, 1990)
  • Arts of Impoverishment: Beckett, Rothko and Resnais (with Ulysse Dutoit, Harvard Univ. Press, 1993);
  • Homos (Harvard Univ. Press, 1995)
    船倉正憲訳『ホモセクシュアルとは』法政大学出版局、1996年
  • Caravaggio's Secrets (with Ulysse Dutoit, MIT Press, 1998)
  • Caravaggio (with Ulysse Dutoit, British Film Institute, 1999)
  • Forming Couples: Godard's Contempt (with Ulysse Dutoit, Legenda/European Humanities Research Centre, 2003)
  • Forms of Being: Cinema, Aesthetics, Subjectivity (with Ulysse Dutoit, British Film Institute, 2004)
  • Intimacies (with Adam Phillips, Univ. Chicago Press, 2008)
    檜垣立哉宮澤由歌訳『親密性』洛北出版、2012年
  • Is the Rectum a Grave? and Other Essays (Univ. Chicago Press, 2010)
  • Thoughts and Things (Univ. Chicago Press, 2015)