読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラフマニノフ、2台のピアノのための組曲第2番を作曲(1901)--20世紀の思想と芸術

www.youtube.com

 

2台のピアノのための組曲第2番作品17は、セルゲイ・ラフマニノフピアノ・デュオ曲。1900年12月から1901年4月にかけて作曲された。交響曲第1番の失敗による神経衰弱のため、前作『楽興の時』作品16との間には5年ほどの空きがある。神経衰弱の克服後、当時親しく交際していたピアニストアレクサンドル・ゴリデンヴェイゼルのために最初にこの曲を作曲(献呈)することを思い立った。この組曲が作曲された時期に、ピアノ協奏曲第2番と同時に平行して作曲された。

初演は1901年11月24日モスクワにて、ラフマニノフ本人とアレクサンドル・ジロティのピアノで行われた。曲は1901年10月にグートハイル社から出版された。

曲は4つの楽章からなる。組曲第1番で見られるエピグラフは無く、純音楽的な組曲となっている。