読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

上田和彦『レヴィナスとブランショ : 他者を揺るがす中性的なもの』(10/27)

f:id:ambos:20161027082422j:plain

出版者 東京 : 水声社
出版年 2005.8
大きさ 317p ; 22cm
別書名 異なりアクセスタイトル:レヴィナスブランショ : 他者を揺るがす中性的なもの
一般注記 博士論文『「他者」を揺るがす中性的なもの《il y a》 : レヴィナスに向けられたブランショの問い』(東京大学, 2002年提出)に若干の訂正を施したもの
書誌: p307-313
著者標目 上田, 和彦(1964-) <ウエダ, カズヒコ>
件 名 BSH:Levinas Emmanuel(1905~1995)
BSH:Blanchot Maurice(1907~2003)
分 類 NDC8:135.5
NDC8:950.28
NDC9:135.5
NDC9:950.278
本文言語 日本語
コード類 書誌ID=SS00636791 NCID=BA73081357

 

【寸評】★★★★☆

絶対的な他者をめぐるレヴィナスブランショの思索の対比と考察。問題を立て、その問題を丁寧に考察していく姿勢は好感がもてる。神へと向かおうとするレヴィナスエクリチュールにあくまでもとどまろうとするブランショ