読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チャプリンの初監督の作品『恋の二十分』(1914)--20世紀の思想と芸術

一応チャプリンが初めて監督した作品とされている。まだ若々しいチャプリンが好ましい。

 

 

恋の二十分』(Twenty Minutes of Love) は、1914年公開の短編サイレント映画キーストン社による製作で、主演・監督はチャールズ・チャップリン。1971年に映画研究家ウノ・アスプランドが制定したチャップリンフィルモグラフィーの整理システムに基づけば、チャップリンの映画出演11作目にあたる[1][注釈 1]

作品の内容に関しては、いわゆる「公園」ものの一つに分類され、一巻に満たない長さながら「いたずら好き」、「女好き」とかすかな「ロマンス」が凝縮されている作品となっている[2]

チャップリンの初監督作品として記録されているが、この点についてはチャップリン自身の記憶とずれがある(後述)。

 

あらすじ[編集] 

公園を散歩していたチャーリーは、スリから時計を失敬する。やがてスリ、時計の持ち主と騒動となるが、時計はガールフレンドのもとにわたって感激される[3]

背景[編集]

メーベルの身替り運転』の撮影終了後、チャップリンはセネットに対して、かねてから希望していた「自分で脚本を書いて監督をする」ことを要望し、セネットは一度はためらったものの、監督作品が外れた場合は「自腹で1500ドル出して損失補てんしてもらう」という条件で許可を出した[4]。ところで、チャップリン自身は後年執筆した自伝で初監督作品を『とんだ災難(にわか雨)』としている[5]。しかし、1914年8月に異父兄シドニー・チャップリンにあてた手紙に記された自身のフィルモグラフィーでは "my own Twenty Minutes of Love" (私自身の『恋の二十分』)と、明らかに自分の監督作であると区別している[6]。その位置は "my own Caught in the Rain" より上である[7]チャップリンの伝記を著した映画史家のデイヴィッド・ロビンソン英語版は、「五〇年の歳月のうちに忘れてしまったとも考えられるし、習作とみなして省いたとも考えられる」としている[2]。ともかく、『恋の二十分』以降のチャップリンは、若干の例外を除いて自身の出演作を自分で監督することとなった。

キャスト[編集]

 

 

www.youtube.com