読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マルグリット・デュラス『インディア・ソング/女の館 』(11/19)

 

f:id:ambos:20161119153641j:plain

書名 インディア・ソング/女の館
著者名 マルグリット・デュラス/〔著〕 田中倫郎/訳
出版社 東京 白水社
出版年月 1985.7
価格 1700円
ページ数 297p
大きさ 20cm
ISBN 4-560-04233-0
NDC9 953.7
NDC8 953
注記 1976年刊の新装

 

【寸評】★★★

デュラスの小説は次第に外に現れるドラマ的な要素をそぎとってゆく。映画もかなり難解になる。フランス語は美しい。シーンも美しい。しかし理解を超えたものがあり、それがもどかしさを高める。

 

www.youtube.com

 

『女の館』は元のタイトルNathalie Granger

で映画化されている。こちらのほうが分かりやすいかも。

 

www.youtube.com