読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

熊野純彦『メルロ=ポンティ-哲学者は詩人でありうるか?』(12/8)

 

 

 

 


書名 メルロ=ポンティ-哲学者は詩人でありうるか?-
著者名 熊野純彦/著
出版社 東京 日本放送出版協会
出版年月 2005.9
価格 1000円
ページ数 118p
大きさ 19cm
シリーズ名 シリーズ・哲学のエッセンス
ISBN 4-14-009325-0
件名 Merleau‐Ponty,Maurice
NDC9 135.55
NDC8 135.5
注記 メルロ=ポンティ小伝:p108~109 読書案内:p110~115
抄録 「知覚の現象学」をもとに、世界をめぐる詩的な言語が可能となるのは、経験のどのようななりたちとかかわっているのかを問う。

【寸評】★

これはあまりにひどいのではないか。『知覚の現象学』の薄めたレジュメのような本。金返せといいたくなる。