読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

M・デュラス『愛人(ラマン)』(10/12)

f:id:ambos:20161014161902j:plain

書名 愛人(ラマン)
著者名 M・デュラス/〔著〕 清水徹/訳
出版社 東京 河出書房新社
出版年月 1992.2
価格 563円
ページ数 221p
大きさ 15cm
シリーズ名 河出文庫
原書名 L’amant
ISBN 4-309-46092-5
NDC9 953.7
NDC8 953

内容紹介

十八歳でわたしは年老いた! 仏領インドシナを舞台に、十五歳のときの、金持ちの中国人青年との最初の性愛経験を語った自伝的作品として、センセーションを捲き起こした、世界的ベストセラー。映画化原作。

内容(「BOOK」データベースより)

18歳でわたしは年老いた―。あの青年と出会ったのは、靄にけむる暑い光のなか、メコン河の渡し船のうえだった。すべてが、死ぬほどの欲情と悦楽の物語が、そのときからはじまった…。仏領インドシナを舞台に、15歳のときの、金持の中国人青年との最初の性愛経験を語った自伝的作品。センセーションをまきおこし、フランスで150万部のベストセラー。J・J・アノー監督による映画化。

 

【寸評】★★★☆☆

デュラスの自伝的小説。すさまじい生涯ではある。