読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モーリス・ブランショ『白日の狂気』(10/30)

f:id:ambos:20161030082625j:plain

書名    白日の狂気
著者名    モーリス・ブランショ/著 田中淳一/訳 若森栄樹/訳
出版社    東京 朝日出版社
出版年月    1985.7
価格    1500円
ページ数    115p
大きさ    20cm
シリーズ名    ポストモダン叢書 10
ISBN    4-255-85054-2
NDC9    954.7
NDC8    954
注記    詩人のまなざし エマニュエル・レヴィナス著 白井健三郎訳:p85~112

 

【寸評】★★★★☆

ブランショの難解な文章「白日の狂気」に、レヴィナスの注釈、ブランショの応答、さらにレヴィナスの別のブランショ論の四本建て。「白日の狂気」に注釈をつけようという「暴挙」がいかにすばらしいかが、よくわかる。ほかの誰にこうした暴挙をなしえようか。さてあなたなら、どうする?