読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジュリア・クリステヴァ「黒い太陽-抑鬱とメランコリー-」(8/28)

 

f:id:ambos:20160828205340j:plain

 

 

書名 黒い太陽-抑鬱とメランコリー-
著者名 ジュリア・クリステヴァ/著 西川直子/訳
出版社 東京 せりか書房
出版年月 1994.3
価格 3800円
ページ数 366p
大きさ 20cm
原書名 Soleil noir
ISBN 4-7967-0180-X
件名 精神分析
NDC9 146.1
NDC8 146.1
抄録 ホルバイン、ネルヴァル、ドストエフスキー、デュラスの作品や臨床例の中に抑鬱とメランコリーの様相をさぐり、その苦悩の転化を経て生まれる豊かな想像的宇宙を独自の精神分析論によって鋭く洞察する。

【読後評】★★★☆☆

試みはすばらしい。しかしメランコリーそのものについての分析が少し弱い。

訳者のわかりやすい解説を引用しておく。

f:id:ambos:20160828205440j:plain

f:id:ambos:20160828205516j:plain