読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

十川幸司『来るべき精神分析のプログラム』(10/9)

f:id:ambos:20161009071843j:plain

 

書名 来るべき精神分析のプログラム
著者名 十川幸司/著
出版社 東京 講談社
出版年月 2008.10
価格 1600円
ページ数 240p
大きさ 19cm
シリーズ名 講談社選書メチエ 423
ISBN 9784062584234
件名 精神分析
NDC9 146.1
NDC8 146.1
抄録 「私」とはなにか。それはいかに作動し、「経験」を作り出し、自己を変容させるのか。「システム」をキーワードに、21世紀における新たな精神分析の構築を試みる。
著者紹介 十川幸司〉1959年生まれ。山口大学医学部卒業。パリ第8大学、高等社会学院で精神分析、哲学を専攻。都内で精神分析家、精神科医として勤務。著書に「精神分析への抵抗」「精神分析」がある。

 

【寸評】★★★★☆

フロイトから離れて、ラカンからも離れて、精神分析の新しい道を探る。力作でお勧め。

 

書評を一つリンクしておく。

d.hatena.ne.jp