読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モーリス・ブランショ『カミュ論』(11/8)

f:id:ambos:20161108085041j:plain

書名 カミュ
著者名 モーリス・ブランショ/著 清水徹/訳 粟津則雄/訳
出版社 東京 筑摩書房
出版年月 1978
価格 900円
ページ数 145p
大きさ 19cm
シリーズ名 筑摩叢書 251
件名 Camus,Albert
NDC9 950.278
NDC8 950.28

【寸評】★★★★☆

『異邦人』を別とするとそれほど評価の高くないカミュであるが、ブランショカミュに向けるまなざしは珍しく温かい。『友愛』を中心としてカミュについて書いた文章を日本で集めて編集した一冊。