読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハインツ・コフート『自己の分析』(9/26)

f:id:ambos:20160926161442j:plain

書名 自己の分析
著者名 ハインツ・コフート/〔著〕 近藤三男/〔ほか〕共訳
出版社 東京 みすず書房
出版年月 1994.3
価格 6500円
ページ数 302,13,25p
大きさ 22cm
原書名 The analysis of the self
ISBN 4-622-04091-3
件名 心理療法 精神分析
NDC9 146.8
NDC8 146.8
注記 監訳:水野信義 笠原嘉
  文献:巻末p1~13
抄録 ナルシシズムは病的なものだろうか? 鏡映し反響する共感的な関わりを通して、自己愛パーソナリティ障害の精神分析的治癒への道をきりひらく。広い応用の可能性をもつ、コフート理論の根幹を明らかにした代表的著作
著者紹介 〈ハインツ・コフート〉1913-1981。ウィーン生まれ。ウィーン大学医学部卒業後、シカゴ大学で精神学を学ぶかたわら教育分析を受ける。本書により自己心理学を確立。著書に「自己の修復」など。

 

【寸評】★★★★★

コフート自己心理学の第一冊目。この時期にはまだコフート自己心理学とは言わず、自己愛の概念を使っている。読むのにとても時間のかかる濃密な書。分析者の心得のようなところもあるが、ナルシシズムについての深い分析を読める。お勧め。